読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HANDICAPPER-555

リアルな障害者が/リアルで生きて/リアルに叫ぶ

某病院医師大麻所持事件×障害者実際関係

中学時代の友達が新聞に載りました。

大麻所持の疑いで逮捕されたとの事。

年齢、居住地、職業からして、同姓同名の他人と言う疑いは、ほぼ、無し。

彼は、私が以前、通院していた病院の勤務医でした。

 

落堕

大麻所持について、大して私は驚いていません。

何故なら自身も、そう言う効果のある薬を呑んでいるからです。

因みにこちらは合法。

エビリファイと言う抗精神病薬です。

友人が「シャブかと思った」と服用した感想を述べていました。

私が感じる薬効については、個人的なものなので発言を留保しますが。

 

こう言う世界に生きている為、彼が遠くの人間に見えません。

 

その友達は、何を思って大麻と関連していたのでしょうか。

 

私は、自分の病気・障害への対抗策として薬剤を服用しています。

経歴は、中学卒業後、進学校に進み、高校中退。

それから大学に入ったものの、ひきこもり。

劣等を寧ろ、上等と叫びたくなる人生です。

 

片や、彼について。

折角難しい高校へ進学して、医師になったと言うのに。

一体何をしているのやら。

 

人生を大麻で狂わせるとは、愚かです。

しかも末端価格1万円相当量のものと言いますから、呆れんばかり。

医師となるのに、その何倍の金銭が掛けられたのか。

 

真空

私が具に感じるのは、人生の分岐が孕む危険性です。

 

彼は医師になりました。

私は統合失調症を発症し、更に発達障害だと明らかになっています。

そして、障害者存在向上運動者として、草の根活動を続ける。

 

こう言う二者が、同じ教室で勉強を教え合っていた事実。

思い出すと、人間と人生の多様性に、感慨すら抱きます。

治す側と、治される立場に変わってしまうのに。

 

でも、私は今の自分の生き方を少し肯定しました。

自分の思う様に生きる事が、結局自分で責任の取られる生き方ですから。

大麻を所持して警察に捕まる人生に、責任が取られるのか?

私はそう言う立場を、分かりません。

 

本人がどう処遇されるか。

それに彼がどう対処して行くか。

これからこの人は、色々な事を考えると思います。

 

生活

実際の話として、私は身体を売っていました。

それで金銭を貰っていたのです。

障害者の自分と人生に激憤して、自暴自棄になった結果でした。

でも、責任は取りました。

 

大麻はどうなのか?

 

通っていた病院、と言う件ですが。

今でも少々の繋がりがあります。

明確に発言しますが、病院は悪くありません。

本人の判断と行動が悪い。

それで迷惑を被る他者の事を考えろ。

 

元同級生として、それを彼に言いたいです。

 

 

因みに、私はエビリファイと、その病院で処方されたのが出会いです。

彼も同じ病院の精神科で、エビリファイを貰ったら如何だったでしょうか。

医療世界は恐ろしい側面を持っています。

 

「シャブかと思った」エビリファイを服用しないと生きられない患者。

「実際のシャブ」を所持する疑いを掛けられる医師。

 

二者の関係は絡まります。

 

思い出として、彼は中学時代、私の事を

「人生送りバント

と呼称していました。

 

私は今、言い返したい。

「お前は人生デッドボール喰らっているだろ!」

 

彼が、人生の退場処分にならない事を祈るばかりです。

世間の目には、怯える一生を送るかも知れませんが。

それは社会の片鱗者=障害者の、私もある意味で一緒です。

世の中どこでどうなっているか分からない。

 

私はもう身体を売りません!

後ろ指を示されたとしても、「だから何」と笑う位の意気込みで居たい。

広告を非表示にする