読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HANDICAPPER-555

リアルな障害者が/リアルで生きて/リアルに叫ぶ

転職障害者を襲う炎の牛車

ひと月の手取りが以下の状況の私。

(内訳)

障害年金65000円

就労支援事業工賃45000~50000円

 

これでひとり暮らしを続けています。

親とは破格の関係の悪さの為、彼等を当てにはしていません。

仮に私の口座に振り込まれていたとしても、同じく。

 

一般就職活動が始まると、家計が火の車ならぬ、炎の牛車状態。

下手をすると、生活保護を心配されてしまうのでは?

そう言う私に、日本郵便が追い打ちを掛けました。

 

 

ハローワークにて

私は現在、ある会社の求人に応募しています。

1月下旬に指定された書類を郵送しました。

選考結果は7日後に連絡されるとの事。

待っていました。

 

しかし、来ない。

 

私は不安と緊張、少しの期待に晒されました。

ハローワーク職員に問い合わせると、こう返答が。

「ヤマトさんは不採用にはなっていない」

期待するべきだろうな、そう思いました。

 

しかし、やはり通知は来ない。

 

2日前、私は意を決しハローワークへと出向き、訊ねました。

「選考状況を会社へ電話確認願えませんか」

 

すると、こう言った返事が来たのです。

 

「書類が届いていない」

 

えぇ!?

 

私は動揺しました。

その状況の上で、会社は私を1か月近く待って下さっている。

申し訳無さと、釈然としない思いが混ざりました。

 

前者は

「選考を妨げて本当に悪い」

と言う内容です。

後者は

「では、書類は何処へと行ったのか?」

との事。

 

ハローワーク職員も

「何だか変ですね」

と発言。

しかし、届いていなくて、返送もされていないならば仕方が無い。

私は速攻で書類を作り直し、紹介状も揃えました。

そして、断りを添え、書留郵便で提出したのです。

 

自己内部にて

何が起きたのか?

考えられる要素は、郵便事故

私にも非があります。

以前、不採用通知と共に、応募書類が普通郵便で送られて来ました。

他の企業を受けた際、落ちたのです。

その例に則って、普通郵便で書類を送ってしまった。

 

これがいけなかったのです。

 

電話確認をもう少し早くするべきだった。

そう思いもします。

会社ももしかしたら、同じ考えを持っているかも知れません。

 

しかし、もう後の祭り。

 

ハローワーク職員は、心配そうにこう訊ねて来ました。

「応募、取り止めますか?」

私は相変わらずの決断の早さにて、こう返答。

「いえ、再送付します」

 

以上の経緯があって、今に至るのです。

 

郵便局にて

書留にて再送付する際の、郵便局員との会話。

 

私「前回送った書類が届いていないとの事なのですが」

局員「そうですか」

私「普通郵便なのですが、調査をお願い出来ませんか」

局員「普通郵便なら分かりません」

 

それで終わりました。

 

当方は、前回と今回併せて、650円程送料を支払っています。

更に調べてみると、日本郵便ホームページにはこう記載が。

「普通郵便も紛失の際、行先を調査可能」

 

あぁ!

 

言っておきますが、私の工賃は時給500円です。

時間もお金も労力も惜しい。

 

以前、友人の母親が郵便局へ勤務されていたことがあります。

今回の出来事、彼女の話からすると、

日本郵便、ブラックかも知れない」

と私は感じました。

 

先方の弁護をするならば、毎日大量の郵便物を扱っている背景があります。

その中で、紛失をしない方がおかしい。

ならば、せめて起こした過失を謝罪する意気は持て!

しかも私は個人情報と信用、時間を失くされたのだ!

 

郵便局で叫び出したくなる自己を抑え、私は帰宅しました。

 

怒りの捌け口にて

取り得る手段としては、ホームページから調査を依頼する事。

民間の郵便局員は人それぞれの対応をします。

公式機関を使えば、それなりの行動を起こしてくれるのでは?

そう考えました。

 

けれども、発見、不発見にしても、戻って来ないものは大きい。

 

私は腹を括りました。

普通郵便で送ったこと自体が間違いだった。

学習代金として、650円と個人情報を失くしたと解釈です。

 

しかし、郵便とは国民が信頼を置いて利用する機関でしょう?

こう言う対応ならば、全ての郵便物は最低でも書留扱いにすべきでは?

「普通郵便の紛失に関しては責任が取られない」

との明記へ、当方から言及するならば。

 

責任が取られないのならば、そもそも事業を展開しないで欲しい。

業務として間違っています。

 

せめて謝罪しろ!

その位言葉なり行動なりで済むだろう!

 

結論としては、普通郵便にて書類は送ってはいけません。

個人の手紙にしても、十分大切な内容が詰まっていると思うのですが。

 

こう言った訳で、家計に更なる追い打ちが掛かりました。

来月の経済が懸念されます。

会社にも申し訳無かったです。

せめて私は、常に責任を持って仕事をしよう、そう再認識しました。

広告を非表示にする