読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HANDICAPPER-555

リアルな障害者が/リアルで生きて/リアルに叫ぶ

体験型!ブラック選別@ハローワーク求人

就活 就活-真相 就活-真相-A社

本日の精神科の診察での会話。

 

私「先生、まだ選考結果が来ません」

主治医「なにぃ!遅すぎやしないか!?」

私「ハローワークに状況確認をお願いしましたが」

主治医「不採用だったの?」

私「いえ、違いますが、正式な結果が通知されないんです」

主治医「それはいかんなぁ」

 

 

現状

一般就労を目指して、精神科就労支援施設を通じ、就職活動中の私。

ハローワークにて、熱意に燃えられる職を発見しました。

しかし。

そう、冒頭の会話文の通り、通知が遅れに遅れています。

余裕を持つなり、心の準備なり、しなさいと言う方はいらっしゃるでしょう。

それすらすっ飛ばして、通知が延滞しているのです。

 

当方は、企業にこう言いたい。

「前へ進めるのか他へ行くべきなのか、はっきりしてくれ!」

 

状況が煮詰まっているのです。

最早、飼い殺し嵌め殺し絞め殺しと言って良いと思います。

 

こう言った窮状にて、私はある調査をしました。

今回はその結果を記します。

 

 

実情

ネットの記事は、玉石混合です。

誰が執筆しているのか不明なものが多いから、と言うのが理由。

 

例えば、こう言った個人ブログにて、

「私がこの薬の成分を解説します!」

「吹き出物はこの方法で治ります!」

と言った内容を書かれても、私は信じません

「じゃあ根拠は何?」

と言いたくなるからです。

 

逆に、

「私はこう思います!」

「こう言った体験をして、こう学びました!」

と言った個人的な感想なり学びなりは、大変に参考となります。

その人しか書けない内容が詰まっているからです。

 

だから、ネットでこう検索しても、私は内容を鵜呑みにしません。

 

ハローワーク求人 書類選考 結果通知 来ない」

 

そうは言いつつも、閲覧している内に社会の方向は見えます。

以下に潮流を纏めました。

 

 

ハローワーク求人にて書類選考の結果通知が来ない場合

以下の4パターンが主に考えられます。

1.企業そのものが駄目

→応募者に通知を送らない時点で問題外

2.企業内の連絡が取られていない

→1.と通じるものがありますが、こちらもしょうもない

3.選考に時間を掛けている

→人員採用にある意味では熱心

4.社長なり人事部長なりが個人で考えている

→小規模な企業で多く、多忙と相まって通知が遅れている

 

 

対応

では、私はこれからどうすれば良いのでしょうか?

この記事の連なりは、自分の行動指針にもなるのです。

 

■私が取り得る対策

1.心象を考えると待つのが最善か

→そのまま何も来ないで終わる可能性も否めないが

2.ハローワーク経由にて調査依頼

→「現在〇人受けて、●人不採用で、あなたは◎採用です」だけ分かる

3.ハローワーク職員に電話確認を頼む

→自分で直接企業へ電話するよりも心象は良い

 但し、企業が返答を相当遅らせていると言う前提が必要

 

 

真相

ページを沢山見ている内に納得した内容があります。

それは、ハローワークの特性を利用した黒い企業が確実に存在している事。

 

ハローワークとは、公共職業安定所の別名です。

公共とは、無料で自由に使えますよ、との意味合い。

ここで注目して欲しいのは、「無料」「自由」の部分。

 

上ふたつの単語を利用した企業が存在していると考えます。

 

 

■こう言うブラック企業は存在する

不採用通知すらも怠る

→応募者への連絡が面倒、又は連絡費用を削りたい為

・応募者の情報だけを欲している

→履歴書と職務経歴書を送ってそのまま終わり、に多い

・そもそも通知することを忘れている

→これは果たして、人間を雇う気があるのか個人的に疑問

 

行動

話を戻して、今日の診察の続きです。

 

主治医「選考結果はいつ分かるか説明あったね?」

私「求人票には7日後、とありました」

主治医「書類は送ったんでしょ?」

私「はい、選考後に返す、と明記されていました」

主治医「いかんなぁ、なっとらんなぁ」

私「提出したのは1月下旬ですから、幾ら何でも遅いですよ」

 

本日は因みに、2月下旬に差し掛かる日です。

 

後日、就労支援事業所の施設長とハローワークにて面談をします。

その場所にて、職員経由にて電話で企業へ確認を取る事となりました。

主治医も施設長も、困惑顔。

私は余りに待たされて、少しばかり殺気立っています。

熱意がある分、空回りするのが嫌なのですね。

 

 

学習

最後に、私の意見です。

求人公開をハローワークだけに限定している所は、要注意。

「無料」「自由」を狙っている企業の疑いがあるからです。

因みに、私が今回応募した所は、それとは違います。

安心して良いのでしょうか。

いやはや。

広告を非表示にする